御前崎について

御前崎というと浜松と静岡のちょうど真ん中の当たりにあり、太平洋を満喫することのできる素敵な場所です。
昔は遠州地方遠江国に属しており、今は静岡県西武地区の一番東の市となっています。
牧ノ原台地の丘陵地帯で、南は遠州灘海岸の砂丘地帯、東は相良層群の岩礁が形成されているところです。

とても温暖な気候と長い日照時間に恵まれているため、さつまいも、お茶、メロン、イチゴ、トマトなどの生産も盛んです。
そして海からは魚介類も豊富で、最近ではクエが捕れることでも注目されています。
また遠州夢咲牛にも人気が出ているため、おししいものを食べたい人、海を楽しみたい人、ゆっくりしたい人などが訪れます。
2009年には富士山空港が開港されたため、今後の発展も期待できそうです。

アクセスはJR菊川駅からバスで40分。
高速道路を利用すると東京方面からなら東名高速・相良牧ノ原インターチェンジ下車、県道242号で30分。
名古屋方面からなら東名高速・菊川インターチェンジ下車、県道37号線で30分のところになります。
一般道では静岡からでも浜松からでも国道150号を利用することになります。
静岡から80分、浜松から60分のところです。
行き方はとてもシンプルなので迷うことはありません。

ちょうど日本の中央部分にあるため、どこからでもアクセスしやすく多くの県からの観光客が集まります。
美味しい物を食べたい人が都心から日帰りでもOK。
素敵な景色や文化にも触れてみるといいのではないでしょうか。



Copyright © 2014 御前崎での観光と言えば All Rights Reserved.